MENU

パントテン酸と言うのは糖質や脂質の代謝に

パントテン酸と言うのは糖質や脂質の代謝に関わっており、善玉コレステロールを増加させたり、副腎皮質ホルモンと言うストレスがかかると生産されてしまうホルモンを強化する働きがあります。

糖質や脂質の代謝に関わっているパントテン酸ですが、補酵素COAと言う脂肪や糖が燃焼する時に必須の主成分となっています。

パントテン酸の1日の摂取目安量は成人男性女性共に5mgとなっていますが、体内でも合成される成分ですのでそれ程気にする事は無い成分だと言われています。

パントテン酸が含まれている食品には納豆や大豆、ピーナッツ、うなぎなどに含まれており、通常は不足の心配は無い成分だと言う事と、逆に摂りすぎによる過剰摂取の心配もない成分なので、パントテン酸に関してはあまり心配する必要のない成分と言えますね。

ただ、副腎皮質ホルモンの強化に関わっているビタミンですので、日頃ストレスを強く感じている人と言うのはちょっと気にかけて多く摂るように心がけることをおすすめします

殆どないようですが、不足すると頭痛や手足のしびれなどの症状が起こる場合があるようです。

ナイアシン

ナイアシンとは、脂質、糖質、たんぱく質の代謝に関わっているビタミンで、アルコールを分解する時にも必要なビタミンです。お酒を飲むとアセトアルデヒドと言う2日酔いの原因である成分が作り出されます。

ナイアシンにはアセトアルデヒドを分解する時にも沢山必要となる成分で、お酒を良く飲む人には特に意識して摂りたいビタミンです。

ナイアシンの1日の摂取推奨量は成人男性で15mgNE、成人女性で12mgNEとなっており上限摂取量はニコチンアミド350mg(女性は250mg)、ニコチン酸85mg(女性は65mg)となっています。 ナイアシンが含まれている食べ物には鯵や鰹、鯖と言った青魚類や鶏肉、たらこなどに含まれています。お刺身で食べるとしたら、カツオやサバの場合は4分の1尾程の量で1日の目安量を摂取する事が出来るようです。

ナイアシンが不足すると、下痢や頭痛と言った神経系の症状が現れたり、下痢を起こしたりするようです。

過剰摂取をした場合には皮膚炎を起こしたり、消化器系に症状が現れたりするようです。

普段の食生活ではあまり不足の心配が無い成分のようですので、バランスの整った食事を摂る事をおすすめします。

クエン酸の摂取量

クエン酸の摂取量についてですが、大体1g~10gの間とかなり開きがあるようです。

激しい運動を毎日行う人は、運動を行うたびや、1日数回に分けて摂取した方が良いそうですし、ビタミンB6や亜鉛やカルシウム、マグネシウムなどのミネラル分の吸収率を上げたい場合には一緒に摂取するようにしたら良いそうです。

クエン酸を摂取しても大体4~5時間程度で身体の中から無くなってしまうそうなので、こまめに摂取する事がポイントだそうです。

激しい運動を行う人の他にも、冷え性や生理不順の改善、結石予防などにもなるようです。クエン酸を摂取する事によって、体内が弱アルカリ性になる事で、免疫力も上がると言われています。

メーカーや種類によっても異なるとは思いますが、クエン酸が含まれているもろみ酢ですが、100ml当たり1900mgのクエン酸が含まれているものもあります。たった100mlで1900mgの摂取量でしたら十分だと思います。

それ程激しい運動を行わない人は、この100mlを数回に分けて飲むだけでもクエン酸の効果が得られるのではないかと思います。

ちなみにこのもろみ酢は100ml当たり116キロカロリーの様です。

肌を美しくさせたいならヒアロディープパッチが良いと聞きました。

ヒアロディープパッチを見てみる。