ビタミン不足で肌荒れやしみが。皮膚を作るのに大切な栄養素!

ビタミン不足で肌荒れやしみが。

皮膚のビタミン不足。肌荒れや乾燥肌、しみが出来やすくなった、肌が脂っぽくなったなどの皮膚に関するビタミン不足で考えられるのは、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEなどの不足です。

皮膚を作るのに欠かせないビタミンと言われているのがビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB6、ビオチン、ビタミンCなどです。

ビタミンCやビタミンEには強い抗酸化力がある事で知られており、皮膚が紫外線に当たる事によって生成されるメラニン色素と言うのを抑える働きがあります。

ビタミンAやビオチンは皮膚の健康に関わっているビタミンで特にビオチンが不足すると皮膚炎に罹りやすくなるとも言われています。

ビタミンB2は新しい細胞を作り出すときに欠かせない栄養素と言われており、ビタミンB2が不足してしまうと新しい皮膚を作り出すことが出来ません。

成長期の子供には特に欠かせない栄養素だと言われています。

ビタミンB6は三大栄養素の代謝に関わっている成分でアミノ酸の代謝も促進させる働きがあります。

ビタミンB6が不足すると、湿疹や、肌が脂っぽい等の症状が出ることが指摘されています。

総合ビタミン剤

いわゆる第三類医薬品に指定されている総合ビタミン剤と言うのも色々な種類がありますよね。

お薬のような糖衣錠になっている物や飲みやすく、ドリンク形式になっている物などがあります。

タミンは脂溶性の物は体に必要な分以上に摂取していると、体内に溜って行く傾向がありますが、水溶性のビタミンと言うのは摂り過ぎた分は尿と一緒に体外に排出されてしまいます。

その為、総合ビタミン剤でも水溶性のビタミンや水溶性のビタミンが配合されたものと言うのは毎日摂ってあげる必要があると言う事ですね。

神経系に良いと言われている総合ビタミン剤にアリナミンEXやプラスなどがあります。

神経や筋肉に不足しがちなビタミンB群を中心にその働きを助ける成分なども配合されたものです。肩こりや眼精疲労など仕事などで疲労が溜っているという方にお勧めの総合ビタミン剤ですね。

同じビタミンB群系なのですが、口内炎や肌荒れなどに良いと言われているのがチョコラBBと言う製品です。

体内で吸収しやすい様な活性型ビタミンと言うのを使用しており、身体に必須の三大栄養素の代謝を促す効果があります。